無料法律相談お申込みはこちら
梅田債務整理センター > お客様の声・解決事例

お客様の声・解決事例

20代女性,旅行等で浪費があったが自己破産が認められました。
20代女性,旅行等で浪費があったが自己破産が認められました。

  20代女性から,就職後すぐ,自動車の免許をとり,自動車を購入し,度々旅行に行くような生活を続け,収入だけでは足りないため,借入を行うような生活をするようになり,すぐに借金が膨らんだとのことでした。 仕事を継続して行っているのですが,収入から毎月の生活費として,家賃,食費,光熱費等を支払った後,手元にはほとんどお金が残らないような状態であったため,借金を返済していくことが困難である... 続きを読む

70代男性,失業後,生活保護受給中の自己破産
70代男性,失業後,生活保護受給中の自己破産

  70代の方で,若いころからずっと働いて来ており,大きな借入がなかったのですが,勤め先から仕事を打ち切られたため,収入が途絶え,借入をして,生活費に充てるような生活をするようになりました。 その後,1年ほど,借入を継続するような生活が続いた後,親族の助けを得て,生活保護の申請を行い,保護の支給が開始しました。 生活保護費から,借入の返済を行うことはできないというルールになっている... 続きを読む

夫40歳,妻40歳でご夫婦で相談に来られた方(個人再生,住宅ローンあり)
夫40歳,妻40歳でご夫婦で相談に来られた方(個人再生,住宅ローンあり)

住宅ローンを組んだ際,ご夫婦共に借入れがなく,夫のみ正社員で働いており,夫の信用で住宅ローンを組んで,1戸建ての住宅を35年ローンで購入されました。 購入後,夫の会社の業績不振から,次第に,残業時間を減らすよう会社から指示を受け,その結果,残業代が減少しました。また,毎月の給与だけでなく,ボーナスも減少するようになりました。 そのため,ボーナス時払いができなくなってしまい,キャッシングで不足分... 続きを読む

20代後半女性の方(個人再生)
20代後半女性の方(個人再生)

成人して社会人になってから,付きあいや,買い物などでカードを使うことが多く,リボ払いにしていたため,借金が増えていくという感覚が麻痺していたそうです。 継続して返済を続けていたのですが,いざ,冷静になって検討してみると,借金の総額が300万円になっており,また金利の負担も重たいため,毎月返済をしても元金がほとんど減っていなかったので,相談を受けました。 <解決方法について> 当法律事務所にお... 続きを読む

50代男性(自己破産)
50代男性(自己破産)

10年程以前,住宅ローンを組んでご自宅を購入された男性の方がおられました。家族構成は,ご夫婦と,お子様おひとりでした。住宅ローンを組んだ当時,ご夫婦共働きで,他の借入れがない状態であり,ローンの返済をしても,十分に家計のやりくりができていました。 しかしながら, 長引く不況から,給料が大幅に減額になり,住宅ローンの支払いを行って,かつ生計を立てることができない状態に至りました。そのため,毎月の住... 続きを読む

40代女性(自己破産)
40代女性(自己破産)

ご夫婦とお子様がお二人の家庭の奥様からのご依頼でした。 ご主人が正社員,奥様がパートで働いておられました。ご主人の収入が多くなく,奥様が働いて家計の助けになるように努めておられましたが,それでも家族の行楽費用などにはお金がない状態でした。そのため,奥様の考えで,ご主人に相談せず,生活費の不足分を借り入れるなどし始めました。 最初は,いつでも返済できるからと安易な気持ちで始められたようですが,次... 続きを読む

上に戻る