無料法律相談お申込みはこちら
梅田債務整理センター > よくある質問(任意整理/過払い金)

よくある質問(任意整理/過払い金)

ノーイメージ
1 任意整理のメリット・デメリットは

  任意整理のメリットは,現在の残っている債務総額が減額される可能性があること,及び残った債務について金利を減額してもらえる可能性があることの2点になります。 これに対し,任意整理のデメリットは,弁護士が任意整理に介入したということが個人信用情報に登録されることにより,今後,新たに,融資を受けられない,カードを作ることができない,ローンを組めないという状態になることが挙げられます。... 続きを読む

ノーイメージ
2 任意整理をするとブラックリストに登録されますか

  任意整理を行うと,弁護士介入により任意整理を行ったということがいわゆる信用情報機関に登録されることになります。 登録されると,新たに借入れをしたり,クレジットカードの申請や,ローンを組む際,同機関が保有している情報の検索を行われることにより,新規の融資等が受けられなくなる可能性があります。 ただ,信用情報機関への登録というデメリットと,任意整理により金利を安くしてもらえるという... 続きを読む

ノーイメージ
3 任意整理を依頼すると,債権者からの取立てがすぐに止まりますか

  任意整理を弁護士へ依頼をした後,債権者からの取立てはすぐに止まります。 弁護士へ依頼をした後,弁護士から,各債権者へ受任通知をいう通知書を郵送で送付することになります。 受任通知には,依頼者の方の氏名,住所,生年月日を記載したうえ,弁護士が任意整理の依頼を受けたこと,依頼者への直接の連絡を控えるようにし,電話,郵便ともに連絡窓口を法律事務所にしてもらうことを記載しております。 ... 続きを読む

ノーイメージ
4 任意整理をお願いしている期間中,債権者への弁済はどうなりますか

  任意整理を弁護士へ依頼をした後,債権者への支払いはすべて一旦ストップします。 任意整理受任から支払い再開までの期間は,約3ヶ月になります。その間,債権者への支払いを一旦止めた状態で債権調査をし,債務総額を把握し,今後の弁済プランを立てて,支払再開になります。 その間,債権者への支払いは,暫定的にストップすることになるのです。... 続きを読む

ノーイメージ
5 任意整理に要する期間はどのくらいですか

  任意整理に要する期間は,3ヶ月ほどです。 ご依頼を受けた後,債権者各社へ受任通知を発送し,債権者から取引履歴を開示してもらいます。取引履歴開示までの期間について,債権者により早い業者,遅い業者があります。消費者金融であれば,2週間から1ヶ月あれば十分に開示してもらえますが,信販会社の中には2ヶ月ほどかかるような業者もあります。 取引履歴開示後,利息制限法を超えるキャッシングがあ... 続きを読む

ノーイメージ
6 ショッピングや法定金利内のキャッシングでも任意整理できますか

  ショッピングや法定金利内のキャッシングでも任意整理ができます。 そもそも,任意整理のメリットは,現在の残っている債務総額が減額される可能性があること,及び残った債務について金利を減額してもらえる可能性があることの2点です。 ショッピングについては,元々,法定金利内での借入れであり利息制限法違反がなく,また法定金利内のキャッシングも同様に利息制限法違反がなく,元金が減額される余地... 続きを読む

ノーイメージ
7 銀行での債務一本化か,任意整理かどちらがよいでしょうか

  銀行での債務一本化よりも,弁護士による任意整理の方がよいでしょう。 おまとめローン等という名前で,銀行,消費者金融等が債務一本化の広告を行っていることがあります。 実際に,一本化によりそれまでの債務を完済できたことから,従前の債権者から優良顧客として扱われ,融資の枠が残った状態になり,また,一本化した債務の返済を継続していく必要があることから,気がついたときには,一本化した債務... 続きを読む

ノーイメージ
8 任意整理での弁済期間はどの程度みてもらえますか

  任意整理での弁済期間は,短くて3年で36回払い,長くて5年で60回払いになります。 ただ,個別の交渉で一律5年待ってもらえるかというと,例えば,取引期間が半年しかないというようなケースで,任意整理での弁済期間を5年間と提案すると,難色を示されることが多いでしょう。 つまり,あまりにも取引の期間が短すぎると,任意整理での長期分割を受け入れてもらえない可能性が高いため,弁護士への相... 続きを読む

ノーイメージ
9 任意整理を行うと毎月の弁済額が減るのでしょうか

  任意整理を行うと毎月の弁済額が減額する可能性が高いものと思われます。 任意整理を行うと,債務総額を短くて3年,長くて5年の分割での支払いを行うことになります。この際,金利の減額交渉を行いますので,任意整理前であれば,元金の返済に加えて,金利の負担もあったものが,元金の返済のみで考えることになりますので,単純に金利の負担分については毎月の弁済額が減額されるものと考えられます。... 続きを読む

ノーイメージ
10 任意整理をするとローンのある自動車を返却しないといけませんか

  任意整理をした場合,ローンのある自動車を返却しないといけないかは,同自動車ローンの債権者を任意整理の対象に含めるかによります。 同自動車ローンの債権者も任意整理の対象業者に含めた場合,同債権者から,自動車の返却を求められますので,返却の要求に応じる必要があり,結果として,自動車がなくなってしまいます。 これに対し,自動車ローンを任意整理の対象から除外して,他社を相手に任意整理を... 続きを読む

ノーイメージ
11 過払い金請求をすることのメリット・デメリットは

  過払い金請求をすることにより,メリットとして,払いすぎた金利の清算を求め,現在残っている債務がなくなる可能性があり,加えて,消費者金融業者から過払い金の返金を受けられる可能性があるということが挙げられます。 これに対し,過払い金請求をすることのデメリットは特にありません。... 続きを読む

ノーイメージ
12 どのような状態であれば過払い金が発生していますか

  利息制限法という法律により,利息の上限について,借入れの元金が10万円以下の場合20%,100万円以下の場合18%,100万円超の場合15%と金利の上限が定められております。 そのため,かかる利息制限法の金利を超えた金利で借入れをして,完済している場合,必ず,過払い金が発生していることになります。 問題は,借入れをしていた金額と借入れ期間になります。例えば,10万円くらいのお金... 続きを読む

ノーイメージ
13 過払い金請求をお願いしたらどの程度期間がかかりますか

  過払い金請求に要する期間は,特に問題がなければ,3ヶ月ほどになります。 ただ,過払い金の裁判をする場合,プラス3ヶ月程度は見ておいて頂く必要があります。 また,過払い金の請求を行い,3ヶ月で,消費者金融業者と過払い金の返還金額について,合意が成立したとしても,そこから,実際に返金を受けるまで早くても2,3ヶ月ほど,別に期間を要することになります。 ... 続きを読む

ノーイメージ
14 過払い金請求により現在あるクレジットやETCカードに影響ありますか

  過払い金請求を行ったとしても,現在あるクレジットカードやETCカードへの影響はありません。 過払い金請求は,個別の消費者金融業者相手に請求を行うものであるため,現在,使用しているカード等,業者との取引には影響が出るということがないのです。... 続きを読む

ノーイメージ
15 過払い金請求で本当にお金の返金が受けられるのですか

  過払い金請求を行うことにより,過払い金が発生していれば,消費者金融業者から,本当に,お金の返金が受けられております。 「TVで過払い金請求を呼びかけるCMが流れているのを見かけますが,本当に返ってくるんですか。」という質問を受けることがあります。 半信半疑で,債務が残っていて,ゼロになればいいという考えで,ご依頼を頂いた後,実際に計算をし,交渉,回収をして,思っていたよりも相当高... 続きを読む

ノーイメージ
16 過払い金請求の弁護士費用を後払いにしてもらえますか

  過払い金請求の案件で,過払い金発生が見込まれ,回収可能性がある業者の場合,弁護士費用をすべて後払いという対応で受任をさせて頂いております。 弁護士費用には,着手金,報酬金という費用があり,着手金とは事件に着手する段階で発生する費用,報酬金とは事件解決に伴い発生する費用をいいます。 ただ,過払い金の回収が見込まれる場合,依頼者の方のご負担を軽減するため,消費者金融業者から返還を受... 続きを読む

ノーイメージ
17 過払い金請求をすると裁判所に出向かないといけませんか

  過払い金請求をしても,裁判所に出向いて頂く必要はありません。 過払い金請求をした後,当初,消費者金融の担当者と電話での交渉を行い,交渉がまとまるようであれば,裁判をする必要はありません。 交渉で金額の折り合いがつかない場合,裁判を行うという判断をすることがあります。裁判を行う場合でも,弁護士が法廷に代わりに出廷することで,すべての対応を代行することが可能ですので,裁判所に出廷頂... 続きを読む

ノーイメージ
18 過払い金請求をすると家族にばれないでしょうか

  親や妻子など,家族と同居している場合に過払い金の請求を行ったとしても,家族にばれるということはありません。 過払い金請求を行う場合,弁護士宛の委任状を作成し,委任契約書を締結する必要がありますが,その後,消費者金融業者からの連絡先について,電話も郵便もすべて法律事務所が連絡窓口になりますので,消費者金融業者からご自宅へ通知が届いたりするということはありません。 弁護士へご依頼頂... 続きを読む

ノーイメージ
19 中小の消費者金融からの借入れですが,過払い金請求が可能でしょうか

  中小の消費者金融からの借入れであっても,利息引き直し計算により過払い金が発生している場合,過払い金の請求ができます。 ただ,過払い金請求が増加したことにより,返還の負担に耐えられない中小の消費者金融が廃業したというケースが多く見られます。 そのため,借入れをしていた消費者金融が廃業をしている場合,計算上,過払い金が発生していても請求をしていく相手がいないため,事実上,請求が困難... 続きを読む

上に戻る